有田歯科|立川駅すぐ|一般歯科|矯正歯科|立川|北口|インプラント|噛み合わせ

口臭チェック

口臭チェック!



Yes or Noでお答え下さい。


1)歯茎が腫れて、赤くなっている

2)歯と歯の間によく食べ物が詰まる

3)グラグラする歯がある       

4)歯磨きをすると血が出る

5)舌苔(ぜったい)が大量についていて舌が白い

6)口が乾くことがよくある

7)口の中がネバネバする

8)タバコを吸う

9)食事が不規則だったり、偏った食生活をしている

10)実は歯磨きをしない

11)人から口臭を指摘されてしまったことがある

12)糖尿病や胃潰瘍などの病気をしている

13)入れ歯の手入れをしていないし、寝るとき外さない

14)口内炎がよくできる

15)飲み物で歯がしみることがある



上記の項目で、3つ以上Yesだった人は、口臭があるかもしれません。



また、簡単なテストはコップに息を吐き出して、少し時間が経ったら臭いをかいでみるという方法です。
もし、少しでも臭いを感じたら口臭がある可能性大です。

気になったら、歯科診断をオススメします。
口臭の原因を知ることができるので、安心できると思いますよ。


    




口臭の原因

当院では、口臭治療として、虫歯治療や歯周病治療を行っております。
口臭の種類と原因になっているものとして、主に以下のものです。




1.口腔内が原因の臭い

歯周病・虫歯 ・ 義歯清掃不良 ・ 舌苔など…
歯周病が原因?  ⇒ 虫歯が原因?




2.生理的な臭い

人間の生理現象(空腹時、生理の時、老人性のもの、起床時や緊張した時など)によっておこる誰にでもある臭い(時間が経てば消えるもの)



3.飲食物の臭い

食べ物が消化吸収され、血管の中に入り、肺でガス交換され呼気として出てくる臭い(時間が経てば消える)



4.精神的な臭い

実際には口臭はないのに気にしすぎる場合(自臭症)が最近増えてきている。



5.全身疾患からの臭い

内科的な疾患が原因で出てくる臭い。この場合はその疾患の治療が必要となる。



口臭予防に非常に効果的なハーブ用歯磨き粉、電動ハブラシなど治療に併用すると、良好な効果が期待できます。

口臭の原因は、9割は口腔内に原因があるといわれています。
口臭の強さはバイオリズムによって変動します。


朝起きたばかりや、空腹時、緊張時などは口臭が強くなり、食事をしたり、飲み物を飲むと、唾液が分泌され、口臭は弱まります。






舌を観察しよう!

舌の観察は、自分の健康状態や、口臭があるかどうかを調べるのに必要な作業
です。
舌の色や、形、汚れ具合などで、その人の健康状態がある程度わかるのです。


舌の色が、きれいなピンク色で、舌にある突起物=舌乳頭(ぜつにゅうとう)が突起している状態が健康な舌の状態です。


また、舌が腫れていたり、ひび割れているなどの、異常がある場合は舌の病気の可能性があります。
舌が白くて厚い舌苔(ぜったい)が、付いている場合は、舌の状態をしっかりと知ることができなくなります。


舌苔は適度にとりましょう!


舌の周りがデコボコになって舌がむくんでいる場合は、体内の水分が多いという合図です。
この場合は、胃腸が弱っているかもしれないということを教えてくれています。

本当に胃腸が弱ったためのむくみであれば、食欲不振や貧血、顔色の悪さなどの症状も合わせて出るでしょう。


ちなみにこちらの写真の舌は、周りが歯型にギザギザしており、むくみの症状が出ています。



  



また、舌は体調を教えてくれるだけでなく、色で血液の状態も表してくれます。


毎日の舌の観察で、舌の状態をチェックすることは、とても大切なことです。
舌は、皆さんの健康状態の鏡です。





トップへ戻る