有田歯科|立川駅すぐ|一般歯科|矯正歯科|立川|北口|インプラント|噛み合わせ

保険の入れ歯

保険診療の入れ歯


総入れ歯の場合、材質は全てプラスチック樹脂でできており、強度を保持のため厚みが出てしまいます。
部分入れ歯も材質はプラスチックで、金属のバネで固定し装着します。
審美性やフィット感、食べ物の温度の伝わりやすさなど機能性では劣ります。

保険内の入れ歯はコストが低く、経済的ですが、使う材料や方法に大きな制限があることや、満足のいく入れ歯作りは難しいと言わざるを得ません。








入れ歯の違和感が苦手で慣れない方は、インプラント治療がおすすめです。
骨の状態などによってインプラント治療が難しい場合もありますので、ご相談ください。

インプラント治療とは






満足度100%!コンフォートデンチャ―

コンフォートデンチャ―とは、入れ歯にシリコン素材のクッションを敷く入れ歯のことです。


メリット

1.粘膜にかかる局部負担を軽減 ・ 分散(痛みがでにくい)
2.シリコン素材が吸着力を高めるため安定しやすい
3.ゴマなど細かいもの、イカなど噛みにくいものもストレスなく食事できる


入れ歯が痛いという方、下の入れ歯は安定しにくいため特におすすめ(下顎の入れ歯で一番人気)です。





デメリット

1.保険適用外(本数によって金額は変わります)
2.専用の洗浄剤を毎日使用しなければならない
3.完成まで日数がかかる



有田歯科でこの入れ歯をお作りになった方の満足度は100%です。
自信を持っておすすめしますので、お気軽にご相談下さい。






バネのない入れ歯

スマイルデンチャ―という金属のバネがない入れ歯があります。
「スーパーポリアミドナイロン樹脂」という素材で出来ている部分入れ歯です。

薄く、軽く、弾力のあるのが特徴です。
非常に見た目が良く、笑っても入れ歯だとほとんど分からないので笑顔に自信が持てるということからこの名が付きました。

前歯やバネが目立つのが嫌な方にオススメの入れ歯になっておりますが、入れ歯になる歯の本数が多い方にはオススメしていません。




      






メリット

1.薄く、軽く、弾力があるため、装着感が良い。
2.非常に見た目が良く、笑っても入れ歯だとほとんど分からない。
3.金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がない。
4.歯が長持ちする。



デメリット

1.残っている歯の状態によっては使用できない場合がある。
2.噛む能力は高くない場合が多い。
3.定期的に作り直す必要があるので、ランニングコストがかかる。






金属床

保険適用外で一番作られているのが金属床です。
具体的には、上あご部分が保険の入れ歯のようにプラスチックではなく、金属で設計されています。

有田歯科がご案内している金属床は1.チタン床 2.コバルト床です。
上顎の入れ歯では金属床が一番人気です。



メリット

1.上顎に接する面が薄くできるため違和感が少ない。(保険義歯の約4分の1の厚さ)
2.金属でできているためお食事の温度が伝わりやすい。
3.たわんだり、割れることがない。
4.緩くなりにくい。



デメリット

1.保険外診療のため高額








入れ歯のお手入れ

入れ歯は、毎食後に義歯専用の歯ブラシで磨くことをおすすめします。
その理由は、歯を磨く歯ブラシでは義歯には強く、傷が付いてしまう恐れがあるためです。


就寝時は、原則として歯肉を休ませるため入れ歯は外した方が良いとされていますが、入れ歯を入れたまま寝た方が良いケースもありますので、専門医師にご相談下さい。
就寝時に入れ歯を外す場合は、入れ歯洗浄剤に一晩つけておくと良いでしょう。

※ 熱湯は絶対にかけないで下さい。



    





義歯専用ブラシは当院にもございますので、お気軽にお申し付け下さい。
当院の義歯専用ブラシ(ピンク ・ ブルー ・ ホワイト)



  





トップへ戻る