有田歯科|立川駅すぐ|一般歯科|矯正歯科|立川|北口|インプラント|噛み合わせ

根管治療とは

根管治療とは、リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気(根尖病変)を治療 ・ 予防するものです。

虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。
しかし、この根管治療(歯の神経、根の治療)は実はかなり難しいのです・・・。




なぜなら、根っこの中は直接見ることができず、形も人それぞれなので完全に細菌を取り除くことが非常に難しく、後々細菌が増殖してトラブルが出てきてしまう可能性もあるからです。

後からトラブルが出てきてしまった場合には、ほとんどのケースで前に治療した詰め物や被せ物は作り直さなければならず、最悪の場合は抜歯になってしまうこともあります。

(かぶせ物を外さずに、上から穴を開けて治療可能な場合もありますが、一般的には詰め物やかぶせ物を外して作り直します)




「歯医者に行ってるのに治らない!」というのは、多くの場合この根管治療です。


細菌を取り残した状態で詰め物を詰めたりクラウンを被せてしまうと、後々トラブルが出てきて大変な思いをすることになるので、根管治療は非常に重要な治療です。


根管治療の治療期間は、早い場合には2〜3回で終わることもありますが、長い場合には1〜2ヶ月位かかることもあります。

いつまでたっても治らない場合には、歯が割れていたり、歯根の形が非常に複雑だったりする可能性もあり、抜歯になったり根の先を切る手術(歯根端切除術)が必要になることもあります。


根管治療後は、土台を立て、被せ物をします。
保険治療では金属(銀歯)、自費治療では白い歯にすることも可能です。
土台にも保険治療のものと、自費治療のものがありますので、お気軽にご相談下さい。


神経を抜かずにするには、やはり虫歯の早期発見が大切ですので、定期検診がとても大切になります。

詳しくはこちらをご覧ください。 ⇒ なぜ定期検診が大切なのか





トップへ戻る