有田歯科|立川駅すぐ|一般歯科|矯正歯科|立川|北口|インプラント|噛み合わせ

原因、症状

原因

知覚過敏の原因は色々ありますが、共通していることは何らかの原因でエナメル質やセメント質が削れ、象牙質が露出していることです。(正式名称は「 象牙質知覚過敏症 」と言います)



1.ブラッシングのやり方に問題がある

2.歯周病や歯肉炎が原因

3.歯ぎしりや噛み合わせが原因

4.歯科治療が原因(特に歯石取り)

5.実は知覚過敏ではなく虫歯



   



症状

知覚過敏の症状で特徴的なのは、「キーン」という鋭い痛みで、さらにその痛みは一過性で、冷たい水や摩擦などの外来刺激によって誘発されるということです。

また、知覚過敏の場合は高頻度で「楔状欠損」が見られることも特徴の一つです。

何もしていないのにズキズキ歯が痛い場合や、刺激を除去しても痛みが長引く場合は、知覚過敏ではなく虫歯など、他の病気が原因である可能性が高くなります。






予防、対策

知覚過敏だけでなく、虫歯、歯周病などの歯周疾患の多くが『間違った歯磨き(ブラッシング)』といわれています。

知覚過敏の場合は特に、力任せに歯磨きを行った結果、エナメル質が徐々に削られていき、象牙質が露出し、象牙質にさまざまな刺激が加わり「歯がしみる」知覚過敏の症状へ繋がってしまうのです。


そこで正しい歯磨き(ブラッシング)をすることによって、エナメル質が傷つく事を抑え、知覚過敏の予防、症状の悪化を抑えることが期待できるだけでなく、正しい歯磨き(ブラッシング)によって歯垢(プラーク)、歯石の付着を抑え、歯周病、虫歯を予防することが期待できるのです。


逆に歯がしみるからといって、歯がしみる箇所の歯磨きがおろそかになると、こんな症状が出ます。

歯がしみる
歯磨きがおろそかになる
歯垢を除去できない(歯垢はその後歯石に)
虫歯、歯周病になる恐れが‥‥





トップへ戻る