有田歯科|立川駅すぐ|一般歯科|矯正歯科|立川|北口|インプラント|噛み合わせ

歯並びと噛み合わせ


あなたは奥歯を噛みしめたとき、前歯もしっかり噛んでいますか?
前歯が開いていたり(開咬)、下の歯が見えないほど上の歯がかぶさっていたり(過蓋咬合/ディープバイト)していませんか?


◆ 大切なのは噛み合わせ!

歯列矯正というと、単純に歯並びが綺麗になると思う方はいると思います。

実際、「歯並びを良くして、もっと綺麗になりたい」と矯正歯科に通う方は多くいますが、「噛み合わせを良くしたい」という方はほとんどいません。
しかし、綺麗な歯並びとは、よく噛める、正しい噛み合わせであることを忘れてはなりません。
しっかり”全体”で考えて治療していくことが大切です。



◆ 歯並びを悪いままにしておくと‥‥?

噛み合わせを治さずに放っておくと、長い人生でさまざまなリスクを背負い込みます。
よく噛まないまま飲み込むことで食べ物の消化を吸収が妨げられます。
噛む作業に参加しない歯があることで、ほかの歯へ負担が多くなり、歯を傷めたり、発音や発声への悪影響もあります。

また、アゴの関節や歯を支えている歯肉や骨へのダメージも考えられますし、肩こりや腰痛などの全身の不調や、口元の筋肉の正常な発音を妨げることにもなり、左右の顔の筋肉の大きさが変化し歪んだり、歯科治療をしっかり受けられないこともあります。
そして、容姿にも大きく影響してきます。



◆ 噛むことは体操になり、身体にとても良い効果があります。

1.消化も吸収も良くなる
2.アゴの発育が良くなる
3.脳に血液がたくさん流れます。
4.歯が長持ちする
5.表情が豊かになる
6.ストレス解消に役立つ

歯並びを治し、理想的な噛み合わせになると、このように様々な利点があります

上記にもありますが、噛むことで脳を刺激し認知症を防ぐ効果もあり、寝たきりの方に入れ歯を入れ、しっかり噛めるようにしてから歩けるまで回復した実例もあります。


噛む動作は皆さん無意識に、あたり前に行っていますが、実はとても大切なことなんです。



◆ こころの問題

歯並びが悪く、ガタガタだったり出っ歯だったりすると、気になって口元を押さえたりする癖が表れます。
歯科矯正を行うと綺麗な歯並び、噛み合わせになるので、皆さん自信に満ち溢れています。
もちろん口元が変われば顔は変化しますので綺麗になり、口元がコンプレックスだった方も口元を押さえず笑うことができ、性格も明るくなる方ばかりです。

勇気を出して、歯科矯正を始めましょう!



◆ 八重歯は魅力的?

日本の若い女性を対象に調査したところ「八重歯は可愛い」という回答が半数以上ありました。
笑うたびに口元からこぼれる八重歯がチャーミングだというのです。

しかし、それはいつまで続くでしょう。
大人になれば綺麗な歯並びの方がずっと素敵になるのでは‥‥。

欧米ではドラキュラと嫌われ、中国では虎の歯と評判が良くなく、一般的には矯正をするそうです。
八重歯が可愛いというのは、どうやら日本だけのようです。


トップへ戻る